看板デザインは名古屋のイチゴスタジオ

「U.S.ARMY BOX」 TOSBOI STUDIO 様

PICK UP ブランディングサインプロジェクト

現場は名古屋駅裏の古くからある商店街のアーケードが取り壊されることになり 朽ちた外観が露呈することになりました。同時期にお客様が経営コンサルタントとして独立開業されることとなり、事務所として使用するため、外観の補修を含めたデザイン施工をご相談いただきました。坪井様はご自身でイラストや企画力が強みということもあり、趣味のビンテージコレクションをイメージして軍物の引き出しのようにされたいとの企画をいただきました。その他、独創的な事務所で、一人で企画していても複数で打ち合わせしていても、既成概念にとらわれない、色んなアイデアや発想が引き出しから一杯一杯出てくるようなイメージ、そして秘密基地のようなイメージというご要望いただきました。

坪井様がコンサルタントとしてマーケティングにおいて顧客に伝えていることのひとつに「個性を大切にして表現していくこと」があります。それを体現するためにも全面的に坪井様の個性が表現されたものとすることに加えて、ご自身が得意とするイラストをそのままグラフィックデザインに仕上げステッカーとして貼ることにいたしました。下の写真はTOSBOI STUDIO内でヒアリングをさせていただいた際のものです。お人柄同様にとても楽しくワクワクする空間でした。

 

また、坪井様は類稀なる豊かなご経歴でアパレル・サラリーマン経験の後、実家の家業を継承、業績回復の後、新事業としてリサイクルショップ「買取王国」を立ち上げ、社長、副社長、そして上場のさせた後に退任してコンサルタントとして起業するというあらゆる立場を経験されています。それらの経験及び独特な感性と視点から「引き出し」の多いコンサルタントとしてご活躍されていることも暗示するデザインにしています。また、白色で表示した語句は日常のご趣味から業務内容、戦略、そして最上位概念であるビジョンと理念を掲載する案をご提案し採用することになりました。

仕様設計においては、コストを抑えながらも全体のイメージを統一できるようにシャッターは現地にて直接エイジング塗装、2F部は同様のペイントを施したパネルとしながらも、1Fのメインサインはリアルに飛び出している引き出しとし、それぞれのスペース区分は既存の建物の凹凸を意匠として生かしています。 雨戸を開けている際にもイメージを崩さないように、見えてくる窓のカーテンをグリーンのブラインドに変更し、サッシもグリーンのシートを貼りました。

  
  

施工上の留意点として、太陽光があたって全体を見た際の明暗の影響を考慮し、同じような色でも明るく見える箇所と影になる箇所で明度や彩度を変えて調色、塗装することで違和感の無いイメージを保つように意識しています。また北向きでほぼ日陰の状態になるため、明暗差と彩度を強めにいたしました。 メインサインとなる引き出しの底面は無しにしても良かったのですが、アルミパンチングを採用することでイメージを保ちながらも雨がたまらない様にしております。

その他現地では、既存の配管など障害物をミリ単位で動かして移設したり、塗装したり、不要な電線を整理することで全体のバランスが崩れないように細かく手を加えています。 メインサインの引き出しのリベットはペイントでない本物にするため、検索検討の上、テント生地を固定するために使われている部材を採用いたしました。左下の写真は、本物の板金を施した引き出しとそれを真似てペイントで表現した2階用のパネルサインのズームアップです。

  
  

お客様の声・・・・・・・・・・・・・・TOSBOI STUDIO  坪井秀樹 様
イチゴスタジオ・柳瀬さんは、ブログやFACEBOOKでの情報発信をされていて、そのクリエイトのセンスや、独創的な作品の数々を拝見していたので、お願いするならイチゴスタジオさんと決めていました。 打ち合わせから、完成に向かう中、そして完成した今、それは間違ってはいなかったと確信できています。 私の性分や大切にしたい想いを精一杯で汲んで、形にしてくれようとしたこと。 大枠の打ち合わせから、一つ一つのロゴ作成に至るまで、その経緯の中で、本当に理解を深めていってくれて、施工側ではなく、私側に立って尽くしてくれました。 柳瀬さんは、見事に応えてくれたどころか、本来の「仕事」とは何か?という命題に、大きな刺激と気付きまでくれました。

看板を付けたり、壁を塗ったりするだけなら、どこでもいいのです。 まして、私のように少々のデザインとクリエイトができれば、全部自分で企画して「言った通りにやって。」と言えば、どこでも、そこそこのものができると思うのです。 でも、私はイチゴスタジオ・柳瀬さんにお願いしました。 私だけでは私以上のモノにはならないから、超えられるだけのモノを期待したからです。 元々、頭の中にあったイメージを企画として丸ぶつけたに関わらず、柳瀬さんはその基本を崩さずに、それ以上のものを創り出してくれました。 最も期待したこの「化学反応」に対し、見事に応えてくれたイチゴスタジオさんに感謝しています。 お陰様で、完成後は、仕事・プライベートに関わらず(笑)、多くのお皆さんにご来社頂き、忙しくさせて頂いています。

兼ねてより、経営勉強会の大先輩として面識はありましたものの、その感性や実績には感銘を受けていたため、ご相談をいただいた際には大変なプレッシャーを感じました。そして建物自体がかなりの老朽化でゆがんでおり、左右のサイズが数センチ違うなどを配慮する必要がありました。実施設計ならびに防水等の補修工事を意匠施工以前に慎重に行いました。その甲斐あってデザインのみならず、技術的にも当社の得意とするエイジングペイントにて、坪井様のブランド表現を代行することができたのではないかと思います。

現地工事の度に多くの人にもお声をかけていただき「うちもやって欲しい」とのお言葉も賜りました。
個性的でありながら、お店では無く事務所ですので、都度その旨をお伝えしつつも嬉しい反応でした。
そして何より坪井様が毎日更新されているブログでも、工事の様子や感想を何度も中継いただくなど
大変喜んでいただけたことが、本当にありがたいことで私たちの胸に深く刻まれ、終わるのがさみしくなる 貴重なプロジェクトとなりました。
看板に貼ったステッカーは小さいサイズで量産することとなり、坪井様の お客様はじめファンの皆様にも大人気のようで、今後とも末永くサポートさせていただければ幸いです。

TOSBOI STUDIO   NAGOYA EKINISHI BASE
愛知県名古屋市中村区竹橋町16-15
>>TOSBOI STUDIO ブログ
>>坪井秀樹様 FACEBOOK