看板デザインは名古屋のイチゴスタジオ

「オオクマクン」 大矢相互不動産 様

PICK UP ブランディングサインプロジェクト

大矢相互不動産様は愛知県稲沢市が地場で長年営業されています。
新事業で隣接する一宮市に太陽光発電基地を施工されたため、その敷地を生かし、一宮にも新たに本業である不動産業の認知がされるよう、話題になるような個性的で目立つ看板を設置したいとのご要望でした。

ご相談いただいた水谷社長とは以前より交流がありました。そしてそのあたたかく大きな人間性、
気さくで親しみやすいお人柄にはとても尊敬していました。今はスリムになられましたが以前は少しふくよかだったこともあり、愛されながらも頼れる感じのクマのイメージがあったのでそのままデザインにしてご提案しました。
もちろんその意図としては、ひと目で記憶に残ることと、どちらかといえばお堅いイメージをもたれがちな 不動産屋さんに対して親しみを持ってもらうためです。水谷社長はじめ、大矢相互不動産の皆様は年齢も若く、 日ごろから明るく楽しんでお仕事をされていることをお話やSNS等でも拝見しておました。

    

設置場所となった太陽光発電の基地は5箇所あったため、1箇所ずつ周りそのうちのどこに設置するのがよいかじっくり検討しました。そして設置した際に自立看板の両面共にもっとも視認性の高い場所を選択しました。
有効な幅を最大限に生かしながらも離れた場所からも見えるよう高さも必要だったため1M程の土台で上に上げています。
クマの本体と同時に現地では基礎工事を先に行いました。大きな穴を掘る必要がありながらも既設のフェンスがあったために掘削重機が入れないため、フェンス越しからオーガー車を使いました。電柱を立てる際に使用されるもので早く深く掘ることができます。そして支柱となる鉄骨を建てました。

 

工場ではクマの形にパネルを製作。一般的に看板でよく使用されるアルミ複合板という材料がありますが、 通常は3mm厚のところを5mmを採用しました。風を受けることになるため丈夫であることに加えて、取り付けた際に出てくる板表面のうねりがほぼ無くなり美しく見えるためです。同様に見栄えをよくするために板のつなぎ目も極力少なくなるように体のパーツごとに分割しています。また、フィルムでは経年劣化後に補修できないことや継ぎ目も出るので吹付け塗装にて着色しています。黒いラインは手書きで入れています。設置後にパネルの裏面も見えることになることを考慮し、黒色で着色しました。独特なデザインを実現しようとした際には、施工上の残念が無いように、とりわけ配慮するようにしています。設計と施工を内製しているからこそ手の及ぶ細かなポイントです。

パネル完成後は同様の形より一回り小さく製作された鉄骨に組み付けて現場に運ばれました。
現地の支柱とボルトでジョイントできるような構造になっています。
旗の部分はメッシュのターポリン素材に両面印刷をしたものです。
のぼり旗のように風で揺れることも検討しましたが、寿命が短く、店頭のように容易には取り替えられないため、長期的使用を選択した結果揺れない仕様を採用しました。固定した方が文字も読みやすくなります。

 
お客様の声・・・・・・・・・・・・・・大矢相互不動産 代表取締役 水谷順 様
当社がある稲沢市に隣接する一宮市の県道沿いを中心に、太陽光発電所用地として、2150坪の土地を取得した為、各発電所に取り付ける看板と共に、折角なので、このエリアでの営業強化の為、一発で話題になりそうな看板を設置したいなと考え、イチゴスタジオ柳瀬さんに相談しました。
「お任せします。」と言い、後はお楽しみ~!と思っておりましたが、提案書には、
ぽっちゃりした大きなクマさんのデザインが....。なんと、イメージは私とか?!
体重、体育会だった学生時代と一緒なのに、ぽっちゃり?!と少し心外に思いましたが(笑)
まあ、かわいいし、任せると言ったので、疑問の言葉は飲み込み、進行してもらいました。
完成して思ったのは、「デカっ!かわいい!目立ち過ぎ!」 近所の方や、通った事があるお客さま、娘の幼稚園のママ友さん達からも、「かわいい!おもしろい。」と多くの反響をいただいております。
当初、自分でイメージしていたのをはるかに越える素晴らしい看板となり、感謝&満足しております!
 

周囲に建物が少ないということもあってご要望どおりとても目立つ個性的な看板になりました。
立体的にせずとも、輪郭が四角でないだけで十分に際立ちます。
オオクマクンが認知されて、稲沢市に加えて一宮でも大矢相互不動産様が一層のお問合せをいただき
信頼と実績が継続されますこと心よりお祈り申し上げます。ありがとうございました。

大矢相互不動産
<本社>愛知県稲沢市大矢町地蔵堂60番地の2
<稲沢中央営業所>愛知県稲沢市稲沢町前田139番地3
http://www.ooyasougo.com/wp/