看板デザインは名古屋のイチゴスタジオ

お客様の声

企業情報

ラーメン店の看板名古屋のデザイン看板

久留米ラーメン大幸 原田様
イチゴスタジオさんのホームページで拝見した看板たち、どれも個性的で何かを問いかけて来る様な?そんな気がしました。
その後は面談、デザイン案製作とトントン拍子で進んで行きました。
ですが・・・。 最初にキャッチコピーをみた瞬間は多少の事には驚かない私さえも思考が止まってしまいました。
「愛知よこれがとんこつだ!」 正直これって愛知県民に喧嘩売ってるよな?うちの店の名前も小さいな?
不安を覚えた私はすぐに柳瀬さんに電話をしました。すると返ってきた言葉は「原田さんのお店は名前を売りたいのですか?私は看板というものはお客様にどんな店かを伝える物だと思います。」 この言葉にハッとしました。 柳瀬さんに全てを委ねよう!
それが成功への近道だと感じた私はそれ以降は口出しはせずに好きな様にやって頂きました。
結果、 開店後はラーメンブロガー様の心を鷲掴みに多数ご来店頂き、様々なブログでご紹介頂きました。
あれから半年が過ぎてお客様にお褒めの言葉を頂戴致します。
「いいねーこの看板は!」その言葉を聞くたびに店長と二人でイチゴさんにお願いして良かったと常々話しております。
本当にありがとうございました。

特集ページはコチラ>>
ビンテージ看板デザイン

TOSBOI STUDIO 坪井秀樹 様
イチゴスタジオ・柳瀬さんは、ブログやFACEBOOKでの情報発信をされていて、そのクリエイトのセンスや、独創的な作品の数々を拝見していたので、お願いするならイチゴスタジオさんと決めていました。
打ち合わせから、完成に向かう中、そして完成した今、それは間違ってはいなかったと確信できています。
私の性分や大切にしたい想いを精一杯で汲んで、形にしてくれようとしたこと。大枠の打ち合わせから、一つ一つのロゴ作成に至るまで、その経緯の中で、本当に理解を深めていってくれて、施工側ではなく、私側に立って尽くしてくれました。
柳瀬さんは、見事に応えてくれたどころか、本来の「仕事」とは何か?という命題に、大きな刺激と気付きまでくれました。
看板を付けたり、壁を塗ったりするだけなら、どこでもいいのです。まして、私のように少々のデザインとクリエイトができれば、全部自分で企画して「言った通りにやって。」と言えば、どこでも、そこそこのものができると思うのです。
でも、私はイチゴスタジオ・柳瀬さんにお願いしました。 私だけでは私以上のモノにはならないから、超えられるだけのモノを期待したからです。元々、頭の中にあったイメージを企画として丸ぶつけたに関わらず、柳瀬さんはその基本を崩さずに、それ以上のものを創り出してくれました。
最も期待したこの「化学反応」に対し、見事に応えてくれたイチゴスタジオさんに感謝しています。
お陰様で、完成後は、仕事・プライベートに関わらず(笑)、多くのお皆さんにご来社頂き、忙しくさせて頂いています。

特集ページはコチラ>>
目立つ看板のデザイン個性的な看板デザイン

大矢相互不動産 代表取締役 水谷順 様
当社がある稲沢市に隣接する一宮市の県道沿いを中心に、太陽光発電所用地として、2150坪の土地を取得した為、
各発電所に取り付ける看板と共に、折角なので、このエリアでの営業強化の為、一発で話題になりそうな看板を設置したいなと考え、
イチゴスタジオ柳瀬さんに相談しました。
「お任せします。」と言い、後はお楽しみ~!と思っておりましたが、提案書には、
ぽっちゃりした大きなクマさんのデザインが....。なんと、イメージは私とか?!
体重、体育会系だった学生時代と一緒なのに、ぽっちゃり?!と少し心外に思いましたが(笑)
まあ、かわいいし、任せると言ったので、疑問の言葉は飲み込み、進行してもらいました。
完成して思ったのは、「デカっ!かわいい!目立ち過ぎ!」
近所の方や、通った事があるお客さま、娘の幼稚園のママ友さん達からも、「かわいい!おもしろい。」
と多くの反響をいただいております。
当初、自分でイメージしていたのをはるかに越える素晴らしい看板となり、感謝&満足しております!

特集ページはコチラ>>
グッドデザイン賞の看板看板デザインでグッドデザイン賞

三浜紙器株式会社 代表取締役 南川伸一 様
はじめてこのデザインを見せてもらったときは正直びっくりしましたが、 提案書の中に不易流行と言う言葉があり、
弊社も創業50周年で社員さんに 古き良きものは残し新しいことに挑戦していくと話をしたところでした。
会社の想いを具現化してくれた企画だったのでOKさせていただきました。
以前は来社される方でさえ通り過ぎてしまう程目立たず困っていましたが、 今では見学させてくださいと言って 来て頂く方もおみえになり 何屋さんだか良くわかるようになったと好評を頂いております。
これからは地域のランドマークとして、100周年を目指しブランドを築いていきます。

特集ページはコチラ>>

物流業 株式会社メーワ 代表 梅村様
 弊社は定期的に街頭清掃に取り組んでいるのですが、ある日皆で着用する「メーワ掃除 Tシャツを作ろう!」って盛り上がったのです。
そして若いスタッフが多いこともあって、いかにも掃除というTシャツより
「さりげなくカッコよく、掃除できる意識を促せるものにしたいなあ。 あと皆でお気に入りのTシャツを着て連帯感を高めたい!」
という思いがありました。 色々な会社を探しましたが、なかなかそんなTシャツを作ってくれる所はありませんでした。
 そこで出逢ったのがイチゴスタジオさんです。 イチゴスタジオさんに提案して頂いたのは 縄文杉が自分で掃除道具を持ったイラストで
インパクトと意味の深さに ビックリしたのと同時に感動して即、採用させて頂きました。 スタッフや周りの方からも「筆文字がかっこいい!」「綺麗な緑色が目立って羨ましい」など 大好評だったので、 無理言って冬用のジャケットも作って頂きました(笑) もちろんこれもスタッフみんなお気に入りです!

ヘアアンドメイク リジェール 代表 野村様
 新しく高辻店をオープンしてから、新規のお客様集めに困っていました。 最初は不況のせいかと落ち込んでいましたが、たまたま店舗をみた柳瀬さんに 看板などでもっとお店をアピールした方がよいのではないかとアドバイスいただきました。 予算があまりなかったので悩みましたが、よいことなら早めにと思い、 まずはご提案からお願いしました。  当初は看板だけを予定していたのですが、 柳瀬さんはショーケースや垂れ幕、ライトアップなどプロとしての視点と女性目線で のたくさんの提案をいただきました。 デザインにおいても私たちが考えたものを アレンジしてくださり、より素敵なものになりました。  そして予算の中でできることを話し合って決め、実行しました。 その後、看板などの効果でお店が目立つようになったのか、徐々に新しいお客様が増え始めました。 新規のお客様の来店数は約2倍になり、売り上げも170%に急激に伸びました。 今ではお客様が来ないとなげいていたのはうそのようです。柳瀬さんのアドバイスに本当に助けられました。

Cafe RURUDO 代表 深田様
 初めての自分のお店(女性向き雑貨店)に看板を付けたく思い、まずインターネットで見本を探しました。 しかし、私が思い描くような可愛らしい看板は無いのですよね。 よく有るような画一的な図柄ばかり!どこかで見た感じばかり!探して探してやっと! イチゴスタジオ㈱(旧中央スタジオ)さんに巡り会えたのです! 何と女性の看板屋さんで!これ以上望めない程の良い出会いでした! やはり、女性の感性が解るのは女性です。女性としての意見も、専門家としての意見も聞けました。 頑張って探して、良かったです。  今回のお店ではオーニングをつけていただきましたが、目的とイメージにピッタリでした。 開閉式のため、休日は収納すれば、住居に変身して気兼ねなく、 平日に張り出せばとても目立ち、お店だとすぐにわかります。 お陰様で公私共メリハリある生活を楽しめています。

美容室 パナシェ 代表 谷口様
 お店を新築リニューアルすることになり看板はお店の雰囲気に合った、個性のあるナチュラルなものをと考えていました。 そこで店舗のデザインをお願いしていた設計士さんにイチゴスタジオさんを紹介してもらい試行錯誤の日々が始まりました。  他にはないオリジナルなもので!のわがままなリクエストから立体文字の提案を頂き、 さらにそこから個性的なものを目指し、表面の加工やカラーのサンプルを幾つか製作してもらいました。 苦労の結果、他にはないオンリーワンな看板が見事に完成! その後、メンテナンスをお願いした処快く了解を頂き、今後も安心していろいろお願いすることができそうです。